中出しを求める未亡人の性欲は留まる処を知りませんでした。

中出しを求める未亡人の性欲は留まる処を知りませんでした。

中出しを求める未亡人の性欲は留まる処を知りませんでした。

未亡人をサイトでゲットしたお話です。
私は国家公務員をしているのですが、日々毎日の真面目な業務に飽き飽きしていました。
結婚はしているのですが妻とは当然のようにSEXもなく、子供も手のかからないぐらいまで大きくなったので特に相手はしていませんでした。
そんなある日サイト上で相手をしてくれる女性を探していると40代の女性の方と知り合うことが出来ました。
私よりも5つ上の方で、お話してみると実に人生経験豊富で今は旦那が亡くなって一人で寂しいのでサイトを利用していたとの事でした。
私たちは意気投合して色々なお話をしをしました、といっても私の仕事や家庭の愚痴ばかりでしたが彼女はいつも「そうだね、うんうん」とまるで私を包み込むかのように黙って聞いてくれていました。
3か月ぐらいしたある日、私が「話を今まで聞いてくれてありがとう、お礼がしたい」というとなんと彼女の自宅に招待してくれたのです。
私は彼女の好きな某有名店のお菓子をたくさん買い彼女の自宅に赴きました。
玄関先であった彼女は藤原紀香似の超美人でした。
そこで私の理性は飛んでいたのかもしれません。
リビングに招かれてお茶をしている最中もほとんど上の空でした。
ただただSEXがしたい。それだけを考えていると彼女の方から「Hしましょうか」と言ってきたのです。
私が「いいんですか?」と聞くと彼女から「お互い割り切れるのなら」と言われました。
もう遠慮する必要なんてありませんでした。ただただ彼女を求め続けました。
行為の最中に何度も「中に出して」と言われたので私は理性もなくひたすら彼女の中に出し続けました。
その後も彼女とは関係は続いていますし、このストレスばかりの中でかけがえのない存在になりました。

もし彼女に子供ができたら責任をもって育てるつもりです。
埼玉県/30代/男/公務員